logo
Gourmet event cinema music book bridal sport reader'svoice.
We discover valuable information and inform readers.
We keep cheering Saga.
 top 

第34話
大人になるって、嘘つきになることですか?



 ある高校生の患者さんから尋ねられました。「大人になるって、嘘をつけるようになることですか?」

この質問にはドキッとしました。すごく純粋な考え方を持った患者さんで、いい加減な答えは許されない雰囲気でした。
「たしかに大人になると、”これはこの場では言ってはいけない“と気付くことが、子供の頃よりも多くなるので、心の中で思っていても言わないことが多くなるよね」と答えましたが、これでは答えになってない・・・というのは、私も患者さんも感じていました。

 私は、その時の診察の場面で、その患者さんを十分に納得させることができるような答えができませんでした。後になって、どういう風に言えばよかったのか、あれこれと考えてみました。

 大人になると、”これを言うと人間関係が悪くなる“と予想できることは言わなくなります。相手の機嫌をとるために、思ってもいないことを言って相手を誉めることもあるでしょう。これは子供の目から見たら、嘘をついているとしか見えません。もし言い訳をするとしたら、相手を傷付けないために、本当のことでも言ってはいけない時もあるんだと言えるでしょう。でも「嘘をつくことはよくない、と我々は子供に教えています。けれども、私も誰かといい人間関係を築きたいと思う時は、相手に合わせて、そんなに好きでもないことを、「私も好きなんですよ」とつい言ってしまうことがあります。

 嘘をついてでも、人と仲良くしようというのは、それほど悪いことでもないんじゃないかとも思います。

 世の中には、許される嘘と、許されない嘘があります。許される嘘ならば、それで人間関係が良くなるのであれば、それも正しい選択なんだと思います。人間関係で、本当のことばかり言ってしまうと、無用な衝突が起こります。それを避けるための大人の知恵なんだとも言えるかもしれません。

 大人になると、人前では恥ずかしくて言えないということも多くなります。自分で自分を守るためにも、嘘が必要になってくるのです。子供の時のように、誰かが守ってくれるということが減るので、大人が自分を守るためには、嘘も必要なことなんだとも言えるかもしれません。

 こんな説明で、あの高校生が納得してくれるか分かりませんが、すごく難しい質問でした。思春期は、大人にあこがれる面もあるけど、大人にがっかりさせられることもあるものです。そして、大人の嘘も許せないと感じるぐらい純粋な時期でもあります。きっと身近な大人の嘘で、傷付いた経験を持っているんだろうなと思います。
 
 こんなことを考えながら、私の高校生の時のことを思い出しました。私は、同じクラスの校則違反をする同級生が嫌いでした。あまりにも自己中心的で、平気で嘘をついたり、他人を言葉で傷付ける人間でしたので「お前の心は、曲がっとる!」と言ってしまい、ケンカになったことがありました。そんな自分の子供の頃を思い出させてくれる出来事でもありました。









松永 昌宏
1967年生まれ、柳川市出身
佐賀医科大学卒
松永メンタルクリニック院長(心療内科・精神科)
佐賀県武雄市武雄町昭和210番
【TEL】0954-27-8211
【H P】
http://www.matsunagamental.com/


会社概要採用情報広告掲載についてプライバシーポリシー免責事項
Copyright (C) Nishinihon Information Center. All