「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928 
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.131


Profile

1973年3月、佐賀市生まれ。高校卒業後、京都在住でインターフローラワールドカップ銀メダリストの吉野実江子先生に5年間師事。23歳で帰佐し、実家のあらお花店に入社。25歳で店長となる。これまで、ジャパンカップ九州代表、日本生花商協会全国宮崎大会第1位、佐賀花商組合名誉賞、佐賀県知事賞など数々の賞を受賞。花卉業界の若手後継者として、幅広い活動を行っている。


佐賀の若者たちへの
メッセージ

「思いを持った時点でほぼ成功者。後は、マイペースでもいいので、その思いを実現させるために頑張っていきましょう。」


―DATA―

あらお花店
住所:佐賀市与賀町148-7
電話:0952-23-8782
営業:平日 9:00〜20:00
    日・祝 9:00〜18:00

(有)あらお花店 店長

荒尾 彰 さん

花って、好みはあっても、
万人が『美しい』と思えるものだと思うんです。
高価でなくても、庭に咲いている花でも、
ちょっと飾って見ているだけで、
心にゆとりが出てくるんですよね。
生涯、この手で作っていきたいですね。

 佐賀市与賀町―拡幅工事に伴って整備された国道の一角に、昨年10月、リニューアルオープンしたあらお花店『stodja flower market』。

 広々とした店内には、切り花の他、鉢物やフラワーアレンジが美しくディスプレイされ、花束を作っている間に待たれるお客のためか、ちょっとしたテーブルまで用意されている。花を買いに行くというより、花を楽しみに行きたい、そんな小洒落た店構えだ。こちらの本店の他、西友店、イオンショッピングタウン大和店の3店舗の店長(いわば責任者)を任されているのが、荒尾彰さん。あらお花店の3代目になる。

 創業100年近くになる老舗。2代目の父親の背中をみて育った荒尾さんは、学生時代の頃から漠然と、後継者としての意識が芽生えていたと言う。

 「花への魅力をはっきりと感じたのは、高校卒業後、京都にフラワーデザインの勉強に行ってから。花の持つ無垢な美しさや、そんな一本一本の花によって、空間を自在にデザインする。専門的な知識や技術はもちろんですが、生きていく道としての、さまざまな勉強ができたと思います」。

 5年後、佐賀に戻った荒尾さんは、あらお花店に入社。自らのフラワーデザイナーとしての技術も磨きながら、後継者として、店の経営にも関わるようになった。

 「佐賀に戻ってきた当時は、今と比べても、まだ、花と人の生活とがあまり密着していなかったように思います。佐賀は、自然が多くて、いろんな緑がいつも目に入るから、普段に花を買って飾るという意識があまりなかったんですね。でも、それがここ最近、普段使いの花を買う人がだんだん増えてきました。それも、若い人たちが。実は、今の佐賀って、花卉業界の後継者が充実していて、頼もしい若者がたくさんいるんです。しかも、みんな勉強熱心で、いろんな形で花を提供している。だから、いい花や珍しい花がどんどん佐賀の市場に出てきているんです。これからも、ますます期待できると思いますよ。もちろん、私も負けてはいませんけどね」。

 これまで、ジャパンカップや日本生花商組合の全国大会第一位など、数々の賞を受賞してきた荒尾さん。その腕を活かし、小さな花束から、大がかりな会場デザインまで、お客に喜ばれるものをと精進する毎日。今年の秋からは、本店の2階で、フラワーデザインの教室も開催する予定なのだそう。

 「花って、見ているだけで心にゆとりが出てくるもの。だから是非、特別な日だけでなく、日常にも取り入れて欲しい。庭に咲いている花でもいいから、ちょっと摘んで飾るだけで、新鮮な気持ちになれると思いますよ」。



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.