「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.070


Profile

昭和36年10月18日福岡生まれ。3歳の頃佐賀市久保泉町へ。城南中学卒業後、単身名古屋へ行き調理人としてレストランで働く。21歳の頃帰佐し、両親とともにパブをオープン。26歳の時、現在のMDCLUBBAR JURONとなる。経営の傍ら広告代理店勤務を経て、平成6年よりFMさがパーソナリティに。現在は月・火曜16:30〜ののばなしラジオに出演中。


若者たちへの
メッセージ

『夢はあきらめてはいけない』。講演などでもいつも言っていることです。夢を目標に変えると自ずと今何をやればいいかが見えてきます。そして、持ち続けていたらいつの間にかかなうものなんです。佐賀で七賢人が生まれたように、佐賀の若者の中にはダイヤの原石がたくさんいます。ダイヤになるチャンスをつかんで、磨いてください。


MDCLUBBAR JURON オーナー

角田 章裕 さん

夢って持ち続けていれば
きっとかなうんですよ。

 ある時はお洒落なバーのオーナー、またある時はラジオのパーソナリティ、そして時にはイベントプロデュースのセミナーや学校で講演をしたりもするという角田章裕さん。そう、さわやかで実直なコメントが好印象の『のばなしラジオのアキちゃん』だ。ラジオのイメージ通り、さわやかな笑顔が印象に残る角田さんだが、夜になるとキリリとしたバーテンダーに早変わり。毎夜々々、やさしい音楽と甘いカクテルで大人たちに素敵な夜を演出してくれている。

 白山町にある角田さんのクラブバー『ジュロン』、この店を持つことは、16歳の頃から描いていた夢だった−−−。

 手も付けられない程荒れていた中学時代、そしてその結果招いた無免許での交通事故。多大な借金を抱え、それを返済するために高校へは行かず、名古屋のレストランで調理人として働くようになった。

 借金を返しながら、わずかな残金でやりくりをしながらの辛い毎日。そんな中で角田さんは親のありがたさを実感、『自分はこれまで何という生き方をしてきたのだろう』と自らを省み、悔い改めたという。そして、同時に「自分もいつか店を持ちたい」と決意、それはこれまで苦労をかけた親への恩返しという意味も含まれていた。角田さんのその考えに、佐賀にいた両親も大賛成。土地を探し、角田さんが21歳の時に帰佐し、小さいながらもパブをオープン。そしてさらに26歳の時には、角田さんの思い描いていた店、今の『JURON』が開店した。

 「名古屋だけでなく、東京やアメリカに行っていろいろなタイプの店を見て決めた『JURON』のスタイル。僕はこれを佐賀でやりたかったんです。若い頃は『こがん田舎嫌っ!』(笑)って思ってたんですが、他の土地に行く毎に佐賀が好きになって。佐賀は田舎だからいいんだ。都会の真似などせず、もっと自然を大切にしたいと思うようになりましたね。」

 JURONを経営する傍ら、少年時代からの音楽好きが高じてバンドを組んだり、広告代理店に勤務したりと、幅広い活動の結果、パーソナリティとしての『アキちゃん』誕生。以来、昼の顔と夜の顔を両立させ、現在に至っている。

 「今の自分があるのは、どうしようもない少年時代を過ごし、交通事故によってその愚かさに気付いたから。今の時代の『キレる』と言われている若者たちも、きっかけがあれば変われると思うんです。そのきっかけを作ってあげたい。それが私の、私たち大人の役割だと思いますね」。若者たちへのメッセージ『夢はあきらめてはいけない』。講演などでもいつも言っていることです。夢を目標に変えると自ずと今何をやればいいかが見えてきます。そして、持ち続けていたらいつの間にかかなうものなんです。佐賀で七賢人が生まれたように、佐賀の若者の中にはダイヤの原石がたくさんいます。ダイヤになるチャンスをつかんで、磨いてください。」



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.