「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.048


Profile

昭和18年9月18日、諸富町生まれ。諸富南中学校、佐賀農芸高等学校(現在の高志館高校)を卒業後、農業を営みながらトラックの運転手を兼業。家具を配達する際、たんすかつぎの修練を積み、現在、その道25年のキャリアを誇るたんすかつぎの達人として名を挙げるように。2年前には全国放送のテレビ番組「めざましテレビ(フジ系)」にも出演した。


若者たちへの
メッセージ

自分の目標をあきらめずに、今の世の中を乗り切って新しい21世紀をつくっていってもらいたいですね。よく年配の方が『近頃の若い者は…』と言いますが、若い人にもしっかりした人はたくさんいるんですよ。親がしっかりすれば子供だってしっかりする。子供を批判するよりも親がしっかりしなければいけないと思いますね。子供には目標に向かって突き進んでいってもらいたいです。


タンスかつぎの達人

蒲原 良廣 さん

目立ちたがりなもので…

 「タンスをかつげる人というのは、たくさんいらっしゃるんですよ。家具の運送に携わっている男性なら、6割の人たちはできるでしょうね。ただ、ステージの前とか、テレビの取材の時に披露ということになると、やはり恥ずかしかったり緊張したりしますからね。私は目立ちたがりなもんで…。」

 タンスかつぎの達人としてこれまで全国放送のTV番組「めざましテレビ(フジ系列)」や市内のイベントなどで見事な腕前を披露し、一躍町の有名人になった蒲原良廣さんは、家具をかつぎ始めて25年になる大ベテランだ。

 もちろん始めから上手くかつげたわけではない。トラック運送業をしていた時代に先輩たちに教わり、試行錯誤をしながら自分のものにしてきた。現在は、10年ほど前に始めた家具の総合卸『悟大』の看板を掲げ、運送ではなく、卸の時にタンスかつぎの力を発揮している。自称『目立ちたがり』というが、サービス精神も旺盛で、婚礼タンスの道具入れ(今でも白石や武雄あたりにはそういう儀式があるのだそう)の時には、タンスかつぎをパフォーマンスとして披露し、堅苦しい雰囲気を解きほぐしているという。

 「そろそろ、箪笥長持も歌わないといけないなぁと思って練習してるんです。今度テレビに出る時は、タンスをかついで唄を歌う家具屋さんとしてかなぁ。」

 タンスかつぎだけではなく、お嫁さんや嫁ぎ先に喜んでもらえる家具屋を目指さなければ、という蒲原さん、唄の練習もさることながら、さらにユニークなのが、結婚相談をやってくれるというサービス。これまで20組以上のカップルを誕生させ、中には親の反対を押し切って、蒲原さんの自宅で式を挙げたカップルもいたのだとか。婚礼タンスを買ってくれれば…という奉仕の心で、根気強く時間をかけてまとめるため、今だかつて不縁となった夫婦もおらず、そんな噂を聞きつけてか、あちこちから縁談の話を持ち込むお客が増えてきたという。

 卸業だけでも、家にいる間がない程の忙しさだが、目標を100組とし『老いてますます盛ん』と意気揚々。

 「これからはタンスかつぎをしながら唄をうたったり縁結びをしたりして希望のある新婚さんを作ってあげたい。商売ももちろん大切だけれども、縁結びをした人たちは自分の子供も同様。娘や息子をもっともっと増やしたいですね。」

 人々に喜ばれることを自分の喜びとし、生き甲斐にする。目立ちたがりと自称する蒲原さんの裏側には、「人のためになりたい」という大きな奉仕精神が隠されているのだ。



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.