「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.033


Profile

佐賀市在住。新聞、雑誌、月刊誌、その他出版物のフリーライター。また話し方講座、文章講座、社員教養講座、青年学級、女性教室などの講師、生涯学習推進活動の公演活動も展開。


若者への
メッセージ

おかれた立場にただ乗っかっているんじやなくて、自分に出来る事を進んでやると、後でよかったと思うんじやないかしら。今出来る事があるんだったら、逃げないで前向きにどんどんやってほしい。将来自分が本当にやりたい事がみつかると思います。そのためにも頑張って欲しいですね。


フリーライター

高木 末子 さん

人生やっぱり楽しんだ方がいい

 時々、ただ話を聞いているだけで、ものすごく元気にさせられたり、なるほどなあって気付かされる人に出会う事がある。今回登場の高木さんはまさにそれを感じさせてくれる人だ。主婦でもありながらプロフィールの通り、とにかくパワフルに活動をしている女性なのだ。

 「私の人生のモットーは『人生楽しまなきや損』なんです。泣いても笑っても怒っても、何をやっても楽しめるのは1日24時間、1週間168時間なんです。同じ人生なら泣くより楽しんだ方がいい。自分が自分で選んで本当に楽しいやり方で突き進んでいったら絶対後悔しないと思うんです。」

 小さい頃から負けず嫌いで、チャレンジ精神旺盛だった高木さん。成績も上じやないと自分に負けたという気になったらしい。幼少の時から自分の意志をしっかり持っていたようだ。しかし親は厳しく、言葉遣いはもちろん、「女性は家の事をやっとけばいい」という厳格な家庭の中でも自分でできる事柄を模索していたらしい。そんな若い頃からやはり「書く事」は好きだったそうだ。

 「やっぱりライターの仕事を始めたのは書くのが好きだからですよね。クリエイティブなところがいいですね。トップインタビューなとは最高。限られた枠があってもその背後には無限に広がる人生の達人の生き方が学べる。それが醍醐味じやないでしょうか。人生の趣味とか生活にまつわる事とか座右の銘とか家庭内の事とか聞くと、ああって思う事ありますよね。で、自分を振り返った時にもっとやるべき事があるんじやないかなって思うんです。追い立てられる感じかな。人生日々勉強ですね。」

 高木さんがこの仕事をやっていて良かった事とは?

 「トキめくような出会いがあることですね。いろんな人と出会うと全く新しい発見があってそれぞれの良さ、価値を認識できるようになるんです。出会いの楽しさってそこかな。他人を否定することは誰にもできない。それぞれの個性が活かされて人生がなりたってるんだなってつくづく感じるんです。あの人はつまらんって目に出す事が思わずあるけど、いけないなあって。みんなで一つの何かを成し遂げる時って、『この人はこれが出来る』、『あの人はこれがバッグンだけど、これはちょっと・・・』とかありますよね。でも互いの良さを出しあえば一つのものがきちんと出来上がるんですね。」と話している時の高木さんの目は輝いていた。

 どう?なんだか元気出て来たんじやない?



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.