「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.031


Profile

昭和34年7月、佐賀市生まれ。高校の時に兄の経営していた喫茶店で手伝いをして以来、客商売のおもしろさを覚え、工務店や営業、何でも屋などさまざまな職を経験した後、28歳の時に独立。現在に至る。またFMさがのパーソナリティとして活躍中。


若者への
メッセージ

若いときはとにかくがむしゃらに遊びましたね。今でこそ店も順調にやってますが、独立してしばらくは、すごいどん底の時代も経験しましたし。でも、その時の遊んだことや苦労が今、すごく役に立っているなと思います。何でも若い時は自分に投資することが大切ですよね。仕事も、会社や人のためじやなくて、まずば自分のためにやる。そして強くなって余力ができてから、周りをみる温かさを持てるようになればいいんじやないかな。


ビッグカンパニー代表取締役

ひ一まん(堤 保夫) さん

第2の自分が
「このままでいいのか」って囁くんです。

 今や、FM佐賀や各地のイベントですっかり有名になった“ひーまん”。しかし、ラジオのパーソナリティとは仮の姿。実は彼、有限会社ビッグカンパニーを経営する、れっきとした社長さん。業務内容はビアレストラン&ライヴハウス『BEER'S』をばじめミュージックパブやショットバーなど3店舗を経営する他、CM音楽制作企画等も手がけている。

 「客商売が向いているなと思ったのは高校生の頃。当時、兄が経営していた喫茶店の手伝いをしていて『こんな仕事楽しいなあ』なんて思ったんですよね。」

 高校卒業後、一旦は家業の工務店に就いたものの、わずか一年で断念。その理由は、「第二の自分が“おまえはこんなことをするために生きているのではない。おまえの仕事は人と接することだ”とささやいた」からだとか。それから、何度か第二の自分と葛藤しながらもスナックや喫茶店、バー、(なぜか)何でも屋などを経験し、28歳の時に独立。『B'S BAR』を開店した。

 何も考えていないようで、実は奥が深い彼のトークが受けたのか、第二の自分のいう通り、客商売に適していたのか、店は瞬く間に人気を博し一労苦を重ねながらも店舗を広げていったひ−まん。そんな彼がラジオをするようになったのは、友人の結婚式がきっかけ。

 「余興の司会をしてたら、たまたま掃除のおばさん、もといコンパニオンをしていたえぐびー(同じFM佐賀のパーソナリティ)に誘われたんですよ。スタジオに遊びに来ませんかって。で、暇だから遊びに行って、何回か行っているうちに自分で采配するようになって、いつの間にか番組持っちゃったんですね。」

 ところで、本名を知っている人の方が少ないのではないかと思われる芸名『ひ−まん』の由来は“肥満”から。

 「僕の友人にデブだからデーブというのがいて、そういうのがいいなあって考えているうちに、肥満、ひまん、ひいまん、ひーまん、よし、ウルトラマンみたいでかっこいいーと思って。」

 何ともひ−まんらしい安易、いや奥の深い決め方だ。ピーク時ば0.1tあったという体も、現在ばかなりスリムになったひーまん、このまま痩せてしまったら「暇だから、のひ−まんにします」とこれまた楽天的。

 どこまでがジョークでどれが実話か分からない不思議なトークでたちまち人を引きつける魅力を持ったひ−まん。これからの佐賀にますます笑いを与えてくれることをおおいに期待したい。



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.