「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.026


Profile

1950年5月、福岡県飯塚市生まれ。地元高校卒業後、小倉ドレスメーカー女学院デザイナー科へ。福岡や東京で服飾関係の仕事に従事した後、結婚し佐賀へ。現在、ワコールペサラクラブのグランドスターとして活動中。


20代を振り返って

20代の頃は何をやっても一生懸命になれなかったですね。体も丈夫ではなかったから、心まで病んでいたのかも。世の中にうまく溶け込めていなくて、自分の居場所がよくわからなかった。そんな自分が嫌でどうにかしたいと動いて、今やっと打ち込むものができたような気がします。やはり若いうちはいろんなことを経験するべきですよね。


ワコールペサラクラブ グランドスター

清水 里美 さん

女は気を抜けば転がり落ちる

 「女は気を扱けば転がり落ちますからね。下着だって洋服だって、体のサイズにピッタリ合ったものを着ないと、体の線はどんどん崩れますよ。」

 耳の痛いセリフをあっけらかんと言ってのける清水里美さん。下着会社ワコールのペサラクラプ(会員制)トップクラスに位置するバリパリのパワフルウーマンだ。

 福岡県飯塚出身の清水さん、小倉にあるドレスメーカー女学院を卒業後、少女時代から夢見ていた服飾関係の仕事に就いた。福岡や東京でデザイナーとして働いていたが7年後、「燃えるものがなかった」とその道をあっさり捨てて結婚、佐賀でご主人とともにお茶やお花を教えるようになった。

 「16の頃からやっていましたから、お茶もお花も大好き。でも、朝から晩まで教室に来た人たちに教えるだけの生活に満足が持てないようになってしまって…」

 本を読んだり自らの人生のことを考える中で「世の中に出て、何かやりたい」と決意し、生命保険のセールスレディに転身。一番厳しい条件の仕事を知っていれば、これから先、何でもやっていけるだろうとの考えからであった。さまざまな職業の要職人から事務職まで、あらゆる人と接する中で一番おもしろかったのは世の中の動きがわかることだったという。

 数年後、化粧品販売会社をしないかという声がかかり、「自分は小売は不得意なので」と自ら販売会社を作る側に立ち、7つの販売会社設立という実績を残した。

 清水さんが現在のワコールの仕事と巡り会ったのはほんの2年前。

 「昔から愛用している商品でもありましたし、いい販売体制をすぐに取り入れる組織が気に入ったので、何気なく入ったんです。」

 ところが、これまでの経験で行動のノウハウを築いていた清水さん、わずか一年で二千人をワコールの会員へ導き、全国2位という驚くべき売り上げ成績を挙げてしまったのだ。

 そんな彼女の持論としているのが『無理はしないで効率よく』、元来面倒臭がりの性分のため、こまめに活動するのではなく、システムを把握した上で1番効率のいい動き方を考えるのだとか。

 今後の目標は佐賀県で10万人を会員にすること。女性パワー炸裂の清水さんに、これから始まる『女の時代』を感じずにはいられない。



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.