「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.024


Profile

1935年11月、満州長春市生まれ。13歳のとき両親の故郷である佐賀へ。佐賀工業高校電気課程卒業後、九電工へ入社。31歳の時独立してシグマ電工を設立。現在、県内に6店舗を構える同社の代表取締役会長を務めるほか、県内各地にて講演、ラジオなどにも出演中。


20代を振り返って

戦後、貧乏のどん底から這い上がりたいというのが、当時の私が人生で初めて掲げた目標だったように思います。その目標を乗り越えるために努力したことが今、多くの枝葉をつけた大きなものになった。そんな体験から私が言えることはやはり、人生は目標を持ち続けて努力し生きると素晴らしいものになるということ。現在、講演の中でもそのことをいい続けています。


シグマ電工代表取締役会長

堤 和之 さん

人生には目標が必要

 自分の生きた証を残したい−そんな自分の信念を達成すべく堤和之さんが独立したのは31歳の時。それまでに培ってきた技術を活かす電気工事の会社を興した。人・信用・経済、そのかかわるもの全てが“0から無限大に向かって広がるように”との願いを込め、社名をΣ(シグマ)とした。たった一人で始めた当初は近所の小さな電気工事の依頼をこなすのが主な仕事だったが、その後丁寧な仕事と堅実な経営という努力の継続により、省エネ工事、メンテナンスなど幅広く事業を広げていった。そして現在、年商11億余、社員数42名、県内に6力所の店舗を構える。決して急成長ではないが、技術と信頼を備えた中身の濃い企業となったのだ。

 そんな堤さんが会社に掲げている唯一無二の経営理念は「夢…こえて感動」。この言葉だけでは分かりづらいので少し補足すると、【『夢』とは@お客さまA社会B地域社会C会社に喜んでもらうこと。『…』どは夢に対する@努力をし、A汗、涙を流すこと。『こえて感動』というのは…をすることにより、@職業を通して人間の生き甲斐を感じたり、A自己の成長やB社会的な役割を達成したりして感動すること】を指す。

 現在、提さんはこの理念をはじめ企業経営や生き方のノウハウを地域活性化に貢献しようと、年間40回程度の講演を行なっている。学校や会社、婦人会など対象は多種多様だが、その内容で一貫して訴えていることは『人生は目標を持って生きなさい』ということ。しかし、年齢が若くなればなるほど、反応は鈍くなるという。

 「今は世の中が恵まれていますから『人生は目標を掲げて生きるのです』なんていっても、その目標すら見つからないのかもしれません。しかしこれからの人生、乗り越えなければならない苦難や壁は自ずとやってくるもの。そうなった時『自分はこうならなければ』『こうしたい』という目標は出てくると思っています。」

 創業30周年を迎えた平成7年、堤さんは社長職を降り、会長として経営面でのアドバイザー的な役割を担うようにした。

 「孤軍奮闘で始めた会社がここまで大きくなって、喜びはありますが、会社と私個人とは別のもの。死んでからまで会社のことは考えられませんし、これからももっとこの会社が大きくなってほしいと思っています。私自身、この世の中に若干でも貢献することができたという一つのものは得ましたから、これからは2代目社長に大きくしていってほしい。もちろん総括責任者としての経営参画はしていきますが。」

 会社から社会へと夢を大きく拡げ、歩み始めた提さんの人生にこれからますますの期待がかけられる。



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.