「タウン情報さが」トップへ 株式会社西日本情報センター
849-0928
佐賀県佐賀市若楠3-1-15
TEL 0952-33-3155
FAX 0952-33-3166
月刊タウン情報さが
tjsaga.co.jp を検索 WWW を検索
トップ>佐賀の人
No.001〜050のリストへ   No.051〜100のリストへ   No.101〜150のリストへ   No.151〜のリストへ

No.023


Profile

昭和23年10月、佐賀市生まれ。佐賀工業高校時代から登山に魅せられ、21歳の時に佐賀県勤労者山岳会(佐賀市鍋島町)を設立。現在、同会の会長として170名程度の会員のリーダーとして登山に明け暮れる日々を送る。


20代を振り返って

若い時には体力ももちろんありますが、ある程度の自由がありましたから。休みの度に山に登っていましたね。街で遊んだり飲みに行ったりなんてことはほとんどしませんでした。それでも今、「もっと登っておけばよかった」「もっといろんなところに行きたかった」と思います。がむしゃらに何でもやれるのって若いときだけですよ


佐賀勤労者山岳会会長

辻 勝己 さん

道すがらの自然に魅せられて

 「若い頃は、チャレンジ精神で頂上を目指すことに登山の魅力を感じていましたが、今はそれよりも登る道すがらに出会う自然の草花や風景を見るのが楽しくて。」

 登山を始めて34年一途に山を愛し続ける一途な山男、辻勝己さん。初めて山に魅せられたのは高校生の時、天山を友人と登ったのがきっかけだった。

 それからというもの、機会ある毎に出掛け、その都度々々に山と自然への愛敬の念を深めていったという。21の時、当時の登山仲間とともに佐賀県勤労者山岳会を結成、現在は同会の会長を務める。会員は百七十人あまり。二十代から七十代までと年齢層も幅広く、沢登りに岩山、雪山とそれぞれのキャリアに合わせて山登りを楽しんでいる。中でも、月に一度の定例山行には常に六十名程度が参加、辻さん自身は、その他に、独自で富士山や海外の山行に出掛けることもしばしぱだとか。

 「高い山や有名な山に行くと、それはそれで感無量。しかし、山に登っていて一番感じるのは、その時にしか味わえない自然の美しさ。同じ山で季節によって咲く花は違いますし、コースをちょっと変えればまた違った風景が楽しめます。近ごろの若い人たちは、遊ぶところもたくさんありますし、登山なんて興味をあまり持たないみたいですが山登りほど新鮮でおもしろいものはないですよ。」

 街に出て食事をしたり、飲みながら騒いだりするよりも“山に登った方が好きだ”と目を輝かせながら語る辻さん。荘厳な自然と付き合う機会が多いせいか、おおらかな人柄のにじみ出た優しい目元が印象的だ。

 「山に登るなんて、特別なことと思っている人もいらっしゃるようですが、とんでもない。うちの会は山に興味のある人なら誰でも大歓迎。年齢制限もありませんし、初心者の方には山に慣れるまで先輩が付き添う体制もできています。気軽に入って楽しく山登りをしてもらいたいですね。」



※プロフィールなどの記述は「月刊タウン情報さが」掲載当時のものです。

Copyright All rights reserved. NISHINIHONINFORMATION CENTER CO.LTD.